Ruby On Rails4 の開発を始められるまで その1

Ruby On Rails4 の開発を始められるまで その1

posted at 2014/01/14 by chikkun@コワーキングスペース町田

Ruby On Rails4の基本を、自分のメモも兼ねて、3回シリーズでご報告します。

今日はその第1回目(2回目はdeviseを使った認証機能の追加。3回目はRspecやCucumberを利用したテストの予定です)。

Railsを使って開発する直前までをまとめます。ただ一応、環境と目標とするのは以下のようです。OSの違いや、仮に同じOSでも微妙にバージョンで違ったりする場合もあるのでご注意下さい。

  1. OSはCentOS6.5とする(MarvericksにParallelsを利用して、SDカードにインストールしたもの—ほとんど何もインストールされていない)。
  2. アプリ名は「comachi」。
  3. Apache2+Passengerを利用し、標準で付いているWEBrickは利用しない。
  4. Railsは4とする。
  5. DBはPostgreSQLを利用する。
  6. 外見はTwitter Bootstrapを使用する。
rbenvのインストール

CentOS6ですとRubyが2系ではないので、まずはRuby2をインストールします。というのもRails4はRuby2を推奨しているからです。

ただ今後1.9等も必要になることが予想されるので、便利なrbenvを使ってRubyのバージョンを変えられるようにします。ただrbenvをインストールする前に、RubyやPassenger等で必要になりそうなものを事前にyumでインストールします。

$ yum -y install  yum-plugin-priorities zlib zlib-devel readline readline-devel openssl openssl-devel libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel httpd httpd-devel curl-devel bison gcc gcc-c++ git emacs
  • ※↑は1行です。
  • ※最後のemacsは、好みでvimなどでもw
  • ※上記のいくつかは、gitやapache、Passengerのインストールに必要なもの等も入っています。Passengerの場合は必要なものをインストール時に教えてくれるので、仮に足らなくても大丈夫です。
  • ※CentOSのバージョンによっては「–enablerepo=remi,epel」オプションを入れる必要があるかもしれません(6.5では必要はありませんでした)。

これで準備が出来たので、早速rbenvのインストールです。

# 必要に応じてsuなりsudoをして下さい
$ cd /usr/local
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
$ groupadd rbenv
$ chgrp -R rbenv rbenv
$ chmod -R g+rwxXs rbenv
$ cd rbenv
$ mkdir plugins
$ cd plugins
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ruby-build
$ chgrp -R rbenv ruby-build
$ chmod -R g+rwxs ruby-build
環境変数の設定

rbenvのインストールは終わりましたが、環境変数を設定しないと使えません。

そこで環境変数を/etc/profileに設定します(「/etc/profile」を直接編集したくない場合は「/etc/profile.d/rbenv.sh」等に書くのも手です)。

$ emacs /etc/profile #viでも

で、一番下に以下のように環境変数を設定します。

export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"
export PATH="$RBENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

これを書き込んで、それら環境変数を読み込みます。

$ source /etc/profile
Autoconfのバージョンアップ

最新のRuby2.2-devのインストールでは、autoconfのバージョンが低いと怒られるので、m4とAutoconfの上書きバージョンアップを行います。

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/m4/m4-1.4.17.tar.gz
$ tar xvzf m4-1.4.17.tar.gz
$ cd m4-1.4.17
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ make install
$ cd ..
$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.69.tar.gz
$ tar xvzf autoconf-2.69.tar.gz
$ cd autoconf-2.69
$ ./configure --prefix=/usr
$ make
$ make install
インストール可能なRubyの確認

インストール可能なRubyのパッケージを確認する。

$ rbenv install -l
...
  1.9.3-rc1
  2.0.0-dev
  2.0.0-p0
  2.0.0-p195
  2.0.0-p247
  2.0.0-p353
  2.0.0-preview1
  2.0.0-preview2
  2.0.0-rc1
  2.0.0-rc2
  2.1.0
  2.1.0-dev
  2.1.0-preview1
  2.1.0-preview2
  2.1.0-rc1
  2.2.0-dev
...

バージョンはお好みで。とりあえずここでは「2.2.0-dev」をインストールします。

$ rbenv install 2.2.0-dev #時間はそこそこかかります
$ rbenv rehash # これをやる必要があります
$ rbenv global 2.2.0-dev
インストールできたか確認
$ ruby -v
ruby 2.2.0dev (2014-01-12 trunk 44563) [x86_64-linux]

OKのようですw

PostgreSQLのインストール

yum.postgresql.orgに行って「pgdg-centos93-9.3-1.noarch.rpm」を持ってきて、rpmを実行します。

wget http://yum.postgresql.org/9.3/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos93-9.3-1.noarch.rpm
rpm -ivh pgdg-centos93-9.3-1.noarch.rpm

すなわち、wgetでダウンロードし、rpmでrepositoryのファイルをインストールします。そして次にyumでPostgreSQLをインストールします。

yum install -y postgresql93-server postgresql93-devel postgresql93-contrib

次にお決まりの「initdb」をし、サーバーを立ち上げます。またOSを再起動しても自動で立ち上げるためにchkconfigし、ついでにapacheも自動起動するようにします。

さらに、postgresユーザのパスワードを作成し、新しいユーザ(chikkun)、データベース(comachi)を作成します。

$ /etc/init.d/postgresql-9.3 initdb
$ /etc/init.d/postgresql-9.3 start
$ chkconfig --level 345 postgresql-9.3 on
$ chkconfig --level 345 httpd on
$ su postgres
$ psql
% alter role postgres with password 'hogehoge'; #postgresユーザにパスワードを設定
% \q
$ createuser -P -s chikkun
Enter password for new role: 
Enter it again:
createdb comachi
$ exit

それから、/var/lib/pgsql/9.3/data/pg_hba.confを少々書き換えます。

local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 ident

のpeer、identをmd5にします。

local   all             all                                     md5
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 md5

そして再起動。

/etc/init.d/postgresql-9.3 restart

たぶん、PostgreSQLのRuby用のモジュールでインストールで失敗するので、先にオプションを付けて、インストールしていまいます。

gem install pg -- --with-pg_config=/usr/pgsql-9.3/bin/pg_config
  • ※上の「–」が余計に見えますが、これがないと「そんなオプションはないよ」と言われます(というか、言われ続けました・涙)。
Railsのインストール

さてさて、何はなくともRailsをインストールします。

$ gem install rails
$ rbenv rehash
$ rails -v
Rails 4.0.2

どうやら大丈夫そう。

passengerのインストール

次に、gemを使ってpassengerをインストールします。

gem install passenger
passenger-install-apache2-module

先回りして、必要なものをインストールしているので全く同じ環境ならば大丈夫ですが、環境が違っていたりすると、足らないものが出たりします。

しかし、そのような場合は、以下のようなメッセージで、必要なもののリストをyumコマンド付きで教えてくれるので、インストールしたら再度「passenger-install-apache2-module」を実行します。

Installation instructions for required software

 * To install C++ compiler:
   Please install it with yum install gcc-c++

無事コンパイルが始まって、終了すると以下のようなメッセージが出ます。このうち、最初の頃のLoadModuleの部分と、最後の辺りにあるVirtualHostの部分が必要になります。

The Apache 2 module was successfully installed.

Please edit your Apache configuration file, and add these lines:

   LoadModule passenger_module /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.33/buildout/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.33
   PassengerDefaultRuby /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/bin/ruby

After you restart Apache, you are ready to deploy any number of web
applications on Apache, with a minimum amount of configuration!

Press ENTER to continue.


--------------------------------------------

Deploying a web application: an example

Suppose you have a web application in /somewhere. Add a virtual host to your
Apache configuration file and set its DocumentRoot to /somewhere/public:

   <VirtualHost *:80>
      ServerName www.yourhost.com
      # !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
      DocumentRoot /somewhere/public    
      <Directory /somewhere/public>
         # This relaxes Apache security settings.
         AllowOverride all
         # MultiViews must be turned off.
         Options -MultiViews
      </Directory>
   </VirtualHost>

And that's it! You may also want to check the Users Guide for security and
optimization tips, troubleshooting and other useful information:

  /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.33/doc/Users guide Apache.html

http://www.modrails.com/documentation/Users%20guide%20Apache.html

Enjoy Phusion Passenger, a product of Phusion (www.phusion.nl) :-)

https://www.phusionpassenger.com

Phusion Passenger is a trademark of Hongli Lai & Ninh Bui.

すなわち

LoadModule passenger_module /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.33/buildout/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.33
PassengerDefaultRuby /usr/local/rbenv/versions/2.2.0-dev/bin/ruby

<VirtualHost *:80>
   ServerName www.yourhost.com
   # !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
   DocumentRoot /somewhere/public    
   <Directory /somewhere/public>
      # This relaxes Apache security settings.
      AllowOverride all
      # MultiViews must be turned off.
      Options -MultiViews
   </Directory>
</VirtualHost>

が必要になります。もっと具体的には、上のものはそのままhttpd.confにコピペ、下のものは自分の環境に合わせて書き換えた後にhttpd.comfに追記します。

実際には私の場合以下のようにしました。

<VirtualHost *:80>
    ServerAdmin hoge@fuga.com
    DocumentRoot /var/www/html/rails/comachi/public
    ServerName www.comachi.com
    ErrorLog logs/comachi.error_log
    CustomLog logs/comachi.access_log common
    RackEnv development
    <Directory /var/www/html/rails/comachi/public>
        Options -MultiViews
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
</VirtualHost>

という感じです。

  • ※実際にの「DocumentRoot」は違っていて、CentOS自体がSDカードに入っていて、そのSDカード自体にRailsアプリを置いてあるので、実際には/media/psf/UBUNTU/rails/publicで「UBUNTU」はSDカードのボリューム名です。

そこで、/etc/httpd/conf/httpd.confのLoadModuleを記載している最後に(今回の例では217行あたり)上記の3行を追加します。

そして、VirutualHostの設定はhttpd.confの最後に(ディストリビューションによっては別ファイルのことも)上記のを参考に追記します。

ここではrailsのアプリの場所が「/var/www/html/rails/comachi」としていますが、適宜置き換えて下さい。また、Rails的にはdevelopmentにしてあります。

もう1つ。SELinuxが悪さしてApacheが立ち上がらないので(というか必要なことなんでしょうが、開発ではいらないので)「/etc/selinux/config」を

SELINUX=disabled

とし、これは再起動後もdisabledにするものなので、コマンドラインでも

setenforce 0

として、現在も無効にします。そして

$ /etc/init.d/httpd restart

します。

最後にVirtualHostを使っているので、「/etc/hosts」の最初の行のローカルホストの部分に「www.comachi.com」を追記します。すなわち

127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4 www.comachi.com

さてさてあとは、railsのアプリを作成するだけです。

comachiアプリを作成

とりあえず今回のアプリ名を「comachi」と名付け、まずは何はなくともrailsコマンドのnewを実行します(comachiを作成する親ディレクトリにcdしてから)。

cd /var/www/html/rails
$ rails new comachi -d postgresql -T

※-Tはunit testを作成しないオプションで、Rspec等を使う場合には必要ないので付けました。

DBはsqliteがデフォルトなので、「-d postgresql」を付けてPostgreSQLを利用するようにします。ここで「Javascriptライブラリがない云々」とか怒られます。「therbyracer」を入れないとダメで、後で必要になるかもしれない「execjs」も含めて、GemFileに以下の2行を書き込みます。

gem 'therubyracer', platforms: :ruby
gem 'execjs'

そして

bundle install

を実行します。

外見はTwitter Bootstrap

Twitter Bootstrapを使ってデザインするので、Gemfileに以下を書き込みます(と思ったですが、後にこれは利用するBootstrapが2で、それ以外にgemなどで3が簡単に使えるようにならないか探したのですが、結局良さげなのがないのと「stackoverflow」であっさり、「ダウンロードしてvendor/assetに置くだけなんだから、自分でやれ」みたいなのを見て、全くその通りと思い、この方法をやめます)。

gem "twitter-bootstrap-rails"
gem "less-rails"

なので、↑はless-railsだけ残して、まずはBootstrapのダウンロードに行って、最新版をダウンロードして、解凍すると、

dist/
    css/
        bootstrap-theme.css
        bootstrap-theme.min.css
        bootstrap.css
        bootstrap.min.css ※
    fonts/
        glyphicons-halflings-regular.eot
        glyphicons-halflings-regular.svg
        glyphicons-halflings-regular.ttf
        glyphicons-halflings-regular.woff
    js/
        bootstrap.js
        bootstrap.min.js ※

というようなファイルが出てくるので、↑の※のファイルを(必要に応じて、追加します)

vendor/
    assets:
        javascripts/
            bootstrap.min.js
        stylesheets/
            bootstrap.min.css

というように、コピーします(vendorでなくても、「app/assets」でも大丈夫です)。
そして「app/assets/stylesheets/application.css」に

*= require bootstrap.min

を書き加えます。

また「app/assets/javascripts/application.js」に

//= require bootstrap.min

を書き込みます。

これで終了wtwitter-bootstrap-railsは使わないので、

gem "less-rails"

そして、以下を実行。

bundle install
最後にconfig/database.ymlの編集

データベースのinitdb で、作成したユーザやデータベース名に併せて、今回はdevelopment環境なので以下のように書き換えます。

development:
  adapter: postgresql
  encoding: utf8
  database: comachi
  pool: 5
  username: chikkun
  password: hogehoge

これで、ブラウザで http://www.comachi.com で次のような画面が見られたらOKです。

ok

これで開発が始められそうですw